Management

Matt Cab

170209matt_asha_sq.jpg【Artist / Producer】

YouTubeの総再生回数2,000万回を誇る、 サンフランシスコ出身、 日本在住のシンガー・ソングライター。 その透き通った歌声が話題になり、 2010年には1stアルバム『The One』(2010.09.02)を発表。 それ以降もコンスタントにリリースを重ね、 2012年、2nd Album 『LOVE STORIES』(2012.09.05)を発表。 2013年、ワーナーミュージック・ジャパンより、 メジャー・デビューアルバム『ONGAKU』(2013.09.03)をリリース。インディーズ時代のアルバムも含め3作全てがiTunes R&Bアルバム・チャートで1位を獲得。

2ndアルバムをリリースした2012年には、m-floの5年ぶりのアルバム『Square One』のフィーチャリングアーティストに大抜擢され、 その後3作連続で彼らのアルバムに参加。 2015年、 Hydeout Productions公認としてNujabesの代表曲「Luv (sic) pt2」をサンプリングした「Searching For You」収録のEP『STEP BY STEP』をリリース。また、iTunes R&Bチャート1位を獲得したDOBERMAN INFINITYのSWAY を迎えた 「Call Your Name」などを収録のメジャー2ndアルバム「春夏秋冬」(2015.10.07)をリリース。

2016年には、 桐谷健太扮する"浦島太郎"が歌う大ヒット曲「海の声」の英語カバーを収録したアルバム『ONGAKU2』(2016.07.27)をリリース。 また、 本人が撮影・編集を行ったVlogをYouTubeチャンネル「Matt Cab TV」でスタート。 そして、Vlogに使用している楽曲が収録されたミニアルバム『TOKYO STORY』(2016.11.04)を自身初となるApple Music限定でリリース。 同年、 冬にピッタリな『ONGAKU』の続編『ONGAKU ~Sound of Winter~』(2016.12.02)を立て続けにリリース。

これまでにYouTube Music Awards「世界のクリエイター50人」に唯一日本から選ばれ、 ニューヨークで開催されたYouTube Music Awardsに出演。 フィーチャリングで共演したアーティストはm-flo、 AK-69、 MACO、 シェネル、 DAISHI DANCE、 安田レイ等多数。 また、 ソングライター/プロデューサーとしても積極的に活動しており、 w-inds.、 防弾少年団やCrystal Kay feat. 安室奈美恵「REVOLUTION」、 和田アキ子のアルバム『WADASOUL』等、 数多くのアーティストに作品を提供している。 


公式ウェブサイト:http://mattcab.com/ 

プロデュース代表曲 : w-inds."Listen To The Rain" / MIHIRO"I Want A Better Me"


contact

MACO

maco-thumbnail2.jpg【Artist / Writer】

2014年にメジャーデビュー以降、ラブソングを中心に共感を呼ぶ歌詞や、歌声で10代~20代の男女に絶大な人気を誇るシンガーソングライター。 デビュー1年目よりレコチョク年間ランキングの新人部門で1位、第29回日本ゴールドディスク大賞の新人部門など各賞を受賞。2015年11月にはスマッシュヒット「LOVE」、「ふたりずっと」「Kiss」を収録した待望の1stフルアルバム『FIRST KISS』がiTunes及びレコチョクで総合1位、オリコン週間ランキングTOP5に輝き、デビューより3作全て1位を獲得した。SNSを中心に話題を集めYouTubeの総再生回数は日本人アーティスト最速で7500万回を超え、YouTubeが展開する「好きなことで、生きていく」キャンペーンへの出演をするなど話題となっている。9月21日には待望の2nd アルバム「love letter」をリリースし、2作連続オリコンチャートTOP10入りを記録。10月からはそのアルバム「love letter」を引っさげて異例の年に2回目の開催となる全国8都市を廻る「あなたにはじめて、手紙を書くよ。love letter Tour 2016」開催。2017年2月22日にそのTOUR映像商品をDVD/Blu-rayで発売。 今年は、5月28日(日)の福岡サンパレス公演を皮切りに、大阪、北海道、愛知、神奈川の5都市をまわり、ツアーファイナルはMACOの全国ツアー会場としては最大規模のパシフィコ横浜にて開催。


公式ウェブサイト:http://www.macoopc.com/

contact

Celeina Ann

celeina_photo300.jpg【Artist】

東京都出身、現在21歳のシンガーソングライター。中学生からギターを始め、2014年に自身のYouTube公式チャンネル「Celeina Ann's Channel」で洋楽カバーをアップし注目を集め、2015年にMACOやMatt Cabらも所属する音楽プロダクションonepeaceと契約。同年11月27日にリリースしたデビューミニアルバム『We Are One』はメジャーアーティストを抑え、iTunesアルバム総合ランキングで堂々の4位を獲得。2016年7月13日にユニバーサルミュージックより、甘い甘い恋心を歌ったリードソング「Sweet Sweet Love」、大手化粧品会社CLINIQUEの"変化へ、一歩。"キャンペーンのために書き下ろした公式サポートソング「CHANGE」など全6曲を収録したミニアルバム『SUNDAYS』でメジャーデビューを果たす。2017年4月16日(日)には東京の恵比寿リキッドルームにて自身初となるワンマンライブを開催し、訪れた多くの観客を魅了。ワンマンライブで初披露した新曲「Piece of Me」は6月頃に配信リリース予定。


公式ウェブサイト:http://celeinaann.com/

contact

MATZ

_E5A6989_re2.jpgのサムネール画像【DJ / Producer】

身長187cm・19歳・北海道生まれ北海道育ちのプロデューサー/DJ。
エレクトロなどのダンスミュージックから影響を受け、15歳よりコンピューターを用いて楽曲制作を開始する。
北海道で活動し、SoundCloudに公開されたオリジナルトラックが早くも各地のDJから注目を集め、2016年にアメリカ・マイアミで開催された"Ultra Music Festival"でもサポートされる。
最先端のデジタル・クリエイティブを取り入れたスタイルと日本人離れしたスマートなビジュアルは、日本のダンスミュージック・シーンを牽引する次世代アーティストとなるだろう。

contact

Candy 5

candy5_300.jpg【Artist】
生誕60周年、FFシリーズ25周年、世界が認める画家『天野喜孝』が世界に向けて発信する108体の新キャラクターのCANDY GIRL から選抜された5人で構成されるポップグループ"CANDY 5" がカートゥーンバンドとしてデビュー。
デビュー曲は全英1 位を獲得したマーク・ロンソンのヒットシングル「Bang Bang Bang」に参加し、一躍ヒットメーカーの仲間入りを果たし、海外ビックアーティストへの楽曲提供も予定されるアメリカ人シンガーソングライターMNDR が制作に参加。
今後も毎曲様々なアーティストとコラボレーションし楽曲を制作します。

contact

RYUJA

【Producer】

プロデュース代表曲:

・The One / 加藤ミリヤ
・Say Goodbye / AK-69
・Together Now / w-inds.
・Feeling U / w-inds.
・Revolution / Crystal Kay × 安室奈美恵

その他多数

contact

Marchin

【Producer】

プロデュース代表曲:

・AKASHI / MIHIRO
・ありがとう / MACO
・ワールド ラブ カーニバル / MACO
・家族になろうよ / Matt Cab

その他多数

contact